読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/20 宿の周りは何もなし

 9時出発。青々とした田園風景や村のたたずまいを眺めなら田舎道を走り抜け島の幹線道路に入ると車・バイクの往来が激しくなる。片側1車線道路、反対車線はトラックが多い。反対側車線で追い越しをかけてくる時が怖い。センターラインを大幅に割ってスピードを上げた車が目の前に迫ってくるから恐怖である。思わず左端のガタガタ道へハンドルを切ることもしばしば。アップダウンの繰り返しの道が続く。1時間~1時間半ごとに休みを取りながら走る。

 

  f:id:hard_keme:20151004022549j:plain 

  朝のホテル 

 

  f:id:hard_keme:20151004022604j:plain

  神への捧げもの

 

  f:id:hard_keme:20151004022709j:plain 

   ホテル前

 

   f:id:hard_keme:20151004022724j:plain

    タナロット寺院へ通じる門

 

68km地点で上り坂に入ったところでハード君の両足の腿が突然、ピクピクと痙攣を起こし走行不能になる。2、3分は続いたであろうか。初めての経験である。水以外の栄養分が不足していたようだ。ポカリスエットの粉末を体内補給。

 

16時を回ると車の往来が激しくなり、横を走り抜けて行くトラックも増えてくる。18時、ヌガラ郊外のホテルに到着。周りには店もない、寂しいところ。日没になると辺りは真っ暗。200m先にレストランがあると教えてくれた。歩くには遠いかなと思い自転車で出かける。街灯のない真っ暗な道路を車が走り抜けて行くので怖い。500mほど走ってもそれらしきものなし。諦めて帰ろうかと思ったが更に300m行ったところに、飲食店があり無事食事にありつけました。

 

   f:id:hard_keme:20151004022732j:plain

   16時を回ると道路が混んできます

 

シャワー設備なし、水を浴びて汗を流す。最初は冷たくて水をかけるのも身が引けたが慣れてしまうとシャワーより気持ちがいい。21時就寝。

 

    f:id:hard_keme:20151004023959j:plain 

    慣れるまでにちょっと時間がかかります

 

本日の走行距離93km