読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/23 ガムラン演奏に感激

7時半朝食。宿泊客が少なそうなのでボーイさんに訊いてみると6月~8月が最も観光客が多いのだそうだ。またバイクは17歳から乗れるそうだ。写真を撮ったりしていたら9時45分出発になってしまった。

  f:id:hard_keme:20151004111819j:plain

 

本日の目的地、トゥランベンまではフラットな道なので気が楽だ。8キロでシガラジャの町に入る。オランダ植民地時代の雰囲気が残る町と書いてあるが車の往来が激しくて、とてものんびりと走ってなんかいられない。シガラジャの町から8キロ先、幹線道路から300mほど入ったところにあるレリーフが美しいことで知られているベジ寺院に立ち寄る。寺院の門から先は腰巻(サロン)がないと入れない。門のところで10,000ルピア支払って腰に巻いてもらう。龍や花柄のレリーフが彫られているのだがその中にオランダ兵(?)と思われる者が楽器を持っているものもある。さらに東へ5キロいったところにあるマドウィ・カラン寺院にも立ち寄る。寺院に入るとどこからともなく人が現れ寺院の由来等を説明してくれる。最後にガイド料を請求されると断り切れず支払う羽目に。

 

  f:id:hard_keme:20151004111838j:plain

  f:id:hard_keme:20151004111855j:plain

  f:id:hard_keme:20151004111921j:plain

  f:id:hard_keme:20151004111955j:plain 

  f:id:hard_keme:20151004113245j:plain

  f:id:hard_keme:20151004113259j:plain

 

平坦な道ばかりではない、きつくはないがそれなりにアップダウンがあり。疲れてきたのかトゥランベンまでの道が遠く感じられてきた。16時半、ガムラン(打楽器)演奏が聞こえてきた。その建物の前で自転車を止める。建物の前にいる人に了解を得て中に入り、ガムラン演奏を聴かせてもらう。宗教儀式の最中のようで建物の奥にはたくさんのお供え物が捧げられている。楽団の一人が椅子に座ってゆっくりしていけという仕草をしてくれる。本当はゆっくりしていきたいのだがそんな訳にもいかない。20分ほどでその場を後にする。

 

  f:id:hard_keme:20151004112254j:plain

   f:id:hard_keme:20151004113315j:plain

  f:id:hard_keme:20151004113326j:plain

 

17時半、トゥランベンのホテル到着。ちょうどバイクで出かけようとしていた年配の日本人に会う。NHKの撮影仕事でここに40日泊まっているという。他の泊り客はのんびりダイビングを楽しむ欧米人ばかり、1泊して翌朝出発というのは我々だけのようだ。夕食の冷たいビンタン・ビールが旨い。今夜も魚料理に舌鼓を打つ。

 

本日の走行距離78km