読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/6 花蓮到着!

パンク修理うまくいったみたいである。空気漏れはなさそうである。09:10出発。10:10北回帰線の記念塔通過。海岸線の所々に東屋の休憩場が設けられている。そのひとつで海を眺めながら昼食。走っているとやたらと教会が目に入ってくる。フラットな海岸線ばかりと思っていたら、きつい上りもあれば下りもある。 

  f:id:hard_keme:20170430012134j:plain

    建華旅社

  f:id:hard_keme:20170430012142j:plain

    長濱の町

  f:id:hard_keme:20170430012149j:plain

    セブンイレブン

  f:id:hard_keme:20170430012158j:plain

    北回帰線記念塔

  f:id:hard_keme:20170430012207j:plain

  f:id:hard_keme:20170430012222j:plain

上り坂でカップルサイクリストから中国語で話しかけられた。一人が下りで転倒したので何か薬を持っていないかと言っているようなので打撲した肩にロキソニンテープを貼り、痛み止め錠剤を渡すと、もう大丈夫だと言うので先を急ぐ。15時半海岸線の休憩場に到着。しばらくするとそのカップルもやってきた。上海からの観光客で仲間7人とサイクリングを楽しみながら台湾を8日間の日程で旅をしているという。   

  f:id:hard_keme:20170430013137j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013157j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013206j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013216j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013227j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013235j:plain

  f:id:hard_keme:20170430013245j:plain

  転倒した中国人サイクリスト。元気な顔で再会

 

17時、石田ゆうすけさんの本に紹介されていた花蓮の日本人経営民宿に到着。教えてもらった小龍包、餃子がうまい店で夕食。宿泊客は全員日本人。その一人が自転車で台湾一周中の62歳のおじさん、定年退職を機に若い頃乗っていた自転車に目覚めたそうだ。3/27台北から我々と同じように反時計回りに走り昨日、花蓮に着いたがお尻が痛くなり明日は花蓮から宜蘭まで汽車にするようだ。もう一人は、退職後台湾に移住しバイクで台湾を旅している日本人。宿のオーナーを交えて11時まで談話。台湾に来て日本人に会って話をしたのは初めてだった。

  f:id:hard_keme:20170430013255j:plain

 

花蓮まで走ってきたことで台湾一周まであと1/4ほど。日程的にも余裕ができ気が楽になる。3年前、花蓮を旅したことがあるのに街を歩いても記憶が全く蘇ってこないのは前回は別の場所を通っていたからだろうか?

 

4/6 14日目(晴れ・長濱~花蓮90㎞)宿:馨憶民宿 1300元